macbookair(インテルmac)のバッテリー交換をやってみた話

スポンサーリンク
デジタル機器
 

※アフィリエイト広告を利用しています

こんにちはマリコメです。

2014年製macobookairのバッテリー交換を自分でやってみたのでその備忘録です。

ただのしがないWEBデザイナーですが

やってみたらできたのでバッテリーが持たなくなってきたらぜひやってみてください。

※2018年以降のmacbookairについては、ご自身でのバッテリー交換が困難となっておりますのでそれ以前に販売された古いmacbookairをお持ちの方向けの記事です。

バッテリーはamazonで購入

まずは自身で交換するため、互換性のバッテリーを購入します。

amazonで大体5,000円くらい。

品番で検索すれば、対応バッテリーが出てきます!

取り外し用の工具もついてる商品をチョイス。

amazonにはレビューがたくさんあるので、確認して購入しましょう!

交換にかかった時間は1時間くらい

中開けて、今ついているバッテリーを外して新たなバッテリーをつけるのにかかった時間は1時間くらい。

思ったより簡単でした〜!

パソコンの分解や組み立てに縁もなかった私ですが、

修理に出して1万円以上取られるのもなあ。

と思いやってみた次第でした。

ついでに中をお掃除

エアダスターで、中に溜まった埃をとってあげます。

基盤ばっかりで触るの超怖いですが、空気なんで、触らなくてもお掃除できちゃいます。

開封してみて気づいたのは・・・

そうだ。牛乳こぼしたんだった。

ということ。涙

多分これ牛乳の跡だよな〜という白いもやもやがついておりました。

壊れなくてよかった。

古いmacだし、USBも認識甘いし、どうせ下取りできないし・・・

ってことで、やっちゃいました。

バッテリー交換後のmacbookの状態

交換前は、30分ともたなかった充電ですが

会社に持って行っても充電なしで大丈夫になりました!

macbookairなので、自宅のいろんな場所に移動して触れないと。

固定された場所で使うなら、imacでいいのです。

バッテリー交換後、半年以上使っておりますが

電源周りに不具合を感じたことは一度もありません!

5000円程度で、交換可能なので古いmacbookairをお使いでバッテリー持ちが悪くなってきた・・・という方はぜひやってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました